お給料は勤務時間に応じて支払わなければいけないです

お給料は、勤務時間に応じて支払わなければいけないです。
ついでながら、時間は分単位で付けられないといけないので、15分単位でしかカウントされないところはその時点で違法だということになります。
給与をちゃんと出さないのは法に反しています。
少し欠けても法に反していることになります。
会社はしっかりと契約に則した給料を支払わなければいけませんし、その契約の中身は法で定められている内容を守ったものでなければいけません。もしもブラックな職場に入社してから法に背いている「固定残業代」を知った際は、不払い残業代と同じように不払い分を求めることができます。
しかし、固定残業代の際に厄介なのは、「本当の契約はいくらか」が識別しにくい事です。
もちろん、高い基本給の方が残業代も高くなりますから、企業は低い基本給が良いと考えるはずです。本来の労働した時間をはっきりさせます。
定時の時間は考慮しなくて大丈夫です。休憩の時間は勤務時間に入れることは出来ません。
定時以降のサラリーが未払いの会社も少なくはありませんんが、それはすべて違法です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ