FXでのスワップというのは外貨の

FXでのスワップというのは、外貨の購入時に借りた通貨の金利と買った外貨の金利の差のことです。スワップと略称されることも少なくありませんが、正しい専門用語としては、スワップ金利もしくはスワップポイントと言われています。
このスワップ金利は、日々変わっており、その通貨を持っている内は受け取りができます。
FXを行ううえでスプレッドは狭い方がお得となります。スプレッドの幅が広がっているほど利益が出るのに時間も掛かるし、リスクも高まってきます。
とりわけ初心者の場合は、スプレット幅の狭い設定のFX会社を選んだほうが賢明でしょう。
また、スキャルピングトレードやデイトレードも、スプレッドが狭いと有利とされています。
FXをやる上でスワップポイント目的に高金利通貨の豪ドル円やニュージーランドドル円を保有を続けることがありますが、保有後に円高が進んでくると得ることの出来るスワップポイントより為替差損がより大きくなってしまう可能性がございます。
スワップポイント狙いでFX投資を行えば、利益がとっても出しやすいといわれてはいますが、損失が出ることもあるのです。FXで勝つ秘訣は前もって、利益確定や損切の規則を確立しておくことです。
もしも、定めていないと、利益が出ている際にどのレベルまでポジションを持ち続けていいか判断に迷いますし、損失が出ている場合には、ズルズルとポジションを持ち続けて、損失が大きくなるリスクがあります。FXで取引をしていると、ついつい欲を出してしまって、高いレバレッジをかけての取引を行ってしまいがちです。
そうなると、一番悪いケースでは証拠金が足りなくなり、もう二度と相場に戻れなくなってしまいます。
そんなことにならないためにも、FXに慣れるまでは、2~3倍程度の低いリスクで取引を行っておく方が安心です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ