しかしながら昔の日本型経営の場合働き手は企業に

しかしながら、昔の日本型経営の場合、働き手は企業にがんじがらめにされる代わりに、それに応じた冥利もありました。
もし不況になっても解雇されない「終身雇用」という契約が当然でした。
ですが、このような主従関係は不景気になってから登場したブラックな企業にはありません。
成績と関係なく首にするのも普通です。そもそも、長期間の雇用など考えていないように見えます。新興企業と同様に以前からの企業でも労働組合との関係が少なくなり、勤務時間を超えて働かせたり、大量解雇、さらに困惑するようなことを利用して退職の強要も目立っています。
ブラック企業のディフィニッションとして「ベンチャー企業」を挙げる事があります。
つまり中小企業はブラック企業ではないとするわけです。確かに、ベンチャー企業は人材募集のスピードを上回る速さで発展しているために、ブラック労働になりがちなのです。バブル時代も、外国から非難されるほど労働時間は長かったし、社員のプライベートな時間に入り込んでくる風潮もよく見られました。
拘束時間の長さだけ見ると、日本の会社は以前から変わっていないと言ってもいいでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ