しかし固定残業代の際にめんどくさ

しかし、固定残業代の際にめんどくさいのは、「真の契約はいくらか」が識別しにくい事です。
言うまでもなく、高い基本給の方が残業代もそれに見合って高くなるので、企業は低い基本給が良いと判断するでしょう。
本来の就業した時間を確かめます。
刻限は無関係です。
昼食の時間は勤務時間に入れることは出来ません。
定時以降の給与が払われていない会社も少なくはありませんんが、それらは全て法に反しています。契約を交わしたときの承諾が優先されますが、会社のリクルートや会社説明会で提示された働く条件に関してもちゃんと記録をとりましょう。早めに見破れた場合にはあらかじめその会社を選択肢に入れないようにできますし、後になって発覚した時は、会社が詐欺的な求人を出していたことの大事な証拠となります。サラリーは、働いた時間に応じて支払うことが義務づけられています。
ついでながら、分単位で計算することになっていますので、15分単位でしか残業時間を計算されないところはつまり法を犯していることになります。
断書をしっかりとなされていない固定残業代は法に反しており、簡単に言えば給与を支払っていないという一つの事象にすぎません。
固定残業代の対処については、まずは契約をしっかりと検証する事が必要です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ