外貨預金は外貨と円の変換時に銀行に

外貨預金は外貨と円の変換時に、銀行に対して手数料の支払いをしなければなりません。しかし、FXの場合は、手数料ゼロで取引ができる業者が大部分なので、比較的簡単に取引を行えます。
ただし、レバレッジを利用せずに資産運用を長期的に行うのであれば、倒産のリスクなどを考えて資産は銀行へ預けたほうが無難です。
FXで大切なのは、経済指標ということになります。
そのような指標により、レートの乱高下が発生するといったことも珍しくはありません。
ダントツに有名な指標は、アメリカの雇用統計になります。
アメリカの雇用統計が強いと円安ドル高に推移し、弱ければ、円高ドル安になるのです。
FXで使えるテクニカル指標として数多くの方が活用されているのがボリンジャーバンドと言われているものです。トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に理解しやすく、トレンドが生じたらエクスパンション(バンド拡大)が発生するので、トレンドフォローの取引に最適です。さらに、バンドの収れんはトレンドが終了する兆候として利用することができます。
FXで勝つ秘訣は予め利益確定や損切の規則を定めておくことです。
もし、設定していないと、利益が出ている際にどこで決済していいか決断が難しくなりますし、損失が発生している場合には、ポジションを持ち続けてしまって、損失が大きくなる恐れがあります。
FXには専門用語が多数存在しますので、FXで初めて取引をされる方はよく使われる専門用語を記憶しなければなりません。
外国為替証拠金取引のポジションもFX投資の際に専門用語の一つとして頻繁に使用されます。ポジションとは、直訳では「位置」という意味ですが、外国為替証拠金取引では「持ち高」のことをいいます。
持ち高というのは、通貨を所持している状態のことを意味します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ