これは単なる認識だけのことではなく数

これは単なる認識だけのことではなく数字で見ても分かることです。悪質な賃金を払わないという事例は、小売や接客業でひときわ多くみられることは数字上にも見て取れます。
ブラックである会社が「ここはブラック企業だ」ということはないとは思いますが、その企業が出しているリクルート広告を探してみると、ブラックだからこそのうたい文句を探し出すことが出来るでしょう。
最初の指標は「業種」です。
どの業界にブラック企業がたくさんあるのか、を見てみましょう。過労死者が多く報告されているのは飲食業です。激しいスパルタな指導の様子がテレビで報道され、非難された事もあります。数量では現れにくい面もあるのですが、理系学生の大事な働き場所であるソフトウェア開発などITの世界でも、就労者から見ると、危険性のある業界のひとつと言えるのです。次の判断k準としては、会社を辞める人の率です。
業種のみで評価できない場合の指標として役立ちます。「就職四季報」には国内5000社以上の情報が載っていますが、ここ数年は新卒入社の3年後退職率が掲示されるようになっています。3年以内の平均離職率が約3割となりますので、3割を超える会社は注意したほうがいいでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ