2つ目のバロメーターは離職率です。業種だ

2つ目のバロメーターは、離職率です。業種だけで分からない場合の指標として役立ちます。
「就職四季報」には国内5000社以上の情報が載っていますが、ここ最近では新卒で入った人の3年後に会社を辞める率が登載されるようになっています。
3年以内の離職者率の平均が30%程度となりますので、30%を超える企業は注意したほうがいいでしょう。
無論未回答となっている企業もありますが、掲載のない企業はそれ相応の理由があるとみて良いでしょう。だから、掲載のない会社はその事実自体が気を付けるべき対象となるでしょう。
最初の判断金順は「業種」です。
どういった業界にブラック企業が多いか、傾向を見てみよう。
過労死者が多いのは飲食の業界です。
壮絶なスパルタ研修の様がテレビで報道され、非難された出来事もあります。特に警戒したいのがテンションの高い会社です。
社員が揃ってポーズを決めているシーンを掲載していたり、みだりに「気合」「根性」「感動」などの不明瞭なスローガンをかかげている会社は警戒すべきでしょう。
そういう企業は厳しいノルマを課し、社員へ圧力をかける傾向があるため、さらには小売業では、大手のアパレルの退職率が50%にのぼることが報道されています。
このように、飲食・小売りはブラックな会社がよくあるというのが世間一般のイメージと言ってよいでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ