熱中症は外的要因並びに内的要因に分けること

熱中症は、外的要因並びに内的要因に分けることが可能です。外的要因においては、高気温や湿度が高い、日差しが強いなどが挙げられます。
一方で、内的要因の場合は、急に気温が上がったことに体がついていけない、寝不足や疲労などが挙げられます。
この外的要因及び内的要因が合わさったときに、熱中症が起こる危険が高まります。
ということで、気温が梅雨時は涼しげだったのに梅雨も終わる6~7月に急激に気温が上がってしまうことで体が順応できず、熱中症となる人が急に多くなるのです。とりわけお年寄りや子どもの場合には、体温の調節が上手にできないため、熱が体内にこもってしまいやすいですし、本人に自覚症状がないという場合も結構あるので、周りの大人たちが気をつけなくてはいけません。それに、体温を測定し平熱より一度以上高かったとすれば熱中症である確率が高めです。
軽度の場合は少しの間安静にすることで治まりますが、40度以上の高熱、けいれんも起こしているという場合は急いで病院へ行かなければなりません。
熱中症の主な症状は、軽度であるならば立ちくらみや筋肉痛、大量の発汗などで、このようなときは涼しい場所で安静にすることで症状は快方へ向かいます。
けれども、熱中症のサインに気づかずそのままにしておくと症状はあっという間に悪化します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ