特にお年寄りや子どもだと体温調整が上手にできないので体内

特にお年寄りや子どもだと、体温調整が上手にできないので、体内に熱がたまってしまいやすいですし、本人が感じ取ることができないといったことも結構あるので、周りの人が注意する必要があります。
加えて、体温を測り平熱より一度以上高いケースでは熱中症である可能性が高いです。軽度であれば一定期間安静にすれば快方へ向かいますが、40度以上高熱がある、けいれんも起こしているときには即座に病院へ行ってください。
もしも外で長い時間仕事をしていた場合や運動中に具合が悪くなった場合は、即座に涼しい場所へ移動する必要があります。
年配者や子供も一緒で周りの大人が気をつけて、できるだけ早く見つけることが重要です。悪化した場合は吐き気並びに嘔吐、頭痛などの症状が現れ、もっと悪化した場合には意識障害またはけいれんなどの症状が見られ、最悪の事例においては死に至る場合もあるほど恐ろしい病気なのです。
毎年夏がやってくると熱中症により具合が悪くなって病院で診察を受けたり、救急車で運ばれる人が1日当たり数百人、数千人に及んだというテレビニュースをよく目にします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ