前頭前野を鍛錬させることは頭の回転が速くなるとい

前頭前野を鍛錬させることは、頭の回転が速くなるということにもつながります。
「聡明になる」というとハードな本を閲覧したり覚えたり、という感覚をすぐに思い浮かべる方もたくさんいらっしゃるかもしれません。
けれど、それはあくまでも「知識を蓄積させる」状態なだけであり、前頭前野を盛んに動かして、物事をプラスに考えたり、自分の意思を判断するのに効果的なのではありません。
そうなると、前頭前野はどの方法でトレーニングできるのでしょうか?それは、身体を動かすことです。
身体を動かすと、前頭前野が活発化します。
まず最初に朝起床して、準備などの行動を起こすことで脳を眠りから覚ましましょう。『養生訓』では続いて、身体を動かして代謝をあげることは、前頭前野を活性化させて、知的になることにも結び付くのです。
古来より人間の身体は朝起きて夜眠るように構築されています。
文明の進化によりできるようになった、こうこうと電気を点灯させて活発になる「夜型生活」は人間の本質には不適当なのです。「心」を「脳」に置き換えて想像してみてください。本書が著された江戸時代においては特段理解されていなかったことですが、身体を牛耳っているのは単刀直入にいうと脳だといえます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ