切手以外で見てみると明治時代のときの古い封筒

切手以外で見てみると、明治時代のときの古い封筒なども高額で買い取ってもらえることがあります。基本的に、買取店において鑑定のみを求めることは無理です。高価な額で買取が望めるシートの代表であげられるのは、手彫、菊、田沢切手といったものです。
この中でも、保存状態がよくて、カラーマークなどは需要が多くなり、高額となるのです。未使用で傷のないものなど一定の条件を満たしていれば額面以上の買い取り額になることもあるようです。消印が押してあるシートは一般的には買取対象とならない傾向があるようですが、消印の種類により買取大将となることがあります。送っている最中にたまに切手が痛んでしまうので、厚紙を当てるなどして守るようにしてください。
特に希少度の高い切手は傷がついてしまうと鑑定の額が大きく低下することもあるため気をつけてください。
買取金額が高くなりやすいものとしては、記念切手と呼ばれるコレクターの人々にとても人気があるものになります。
そのため記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者がいるので、業者を経由して収集家は売買を行っているのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ