今の日本では不妊に苦労するアベックが年が経つ

今の日本では、不妊に苦労するアベックが年が経つごとに増えています。
大体10年前は、男女が10組いたらそのうちの1組が不妊に苦悩していると考えられていました。
卵子の高齢化の知識不足も不妊の増加を多くする要因になっています。ところで、不妊ということは、妊娠を邪魔する理由があるといことです。
婦人が排卵し、その卵が精子と出会って受精卵になるのです。
不妊治療については、卵子のエイジングとは対照的に、体外受精という方式でさながらショートカットの妊娠をゴールにするという方法が使われています。
ところが、体外受精は1回あたりの医療費が、40~60万円、医療機関次第では100万円くらいかかるところもあります。主だった理由は、精子と卵子が出会えないという有様です。精子と卵子が巡り会えないことには、受精卵になることは不可能なわけですから、何があっても妊娠があり得ないことは容易に把握できるでしょう。
他の原因としては受精卵に無事なれた卵、言わば胚が子宮の内膜に着床できないという、着床障害があり得ると考えられています。
しかしながら、着床の仕方そのものがまだまだ十分には解明されていません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ