加えてマカに含まれるアルカロイドと呼ばれる有機化合物

加えてマカに含まれるアルカロイドと呼ばれる有機化合物に神経鎮静作用が期待できるので、マカは心因性EDの際にも効果が期待できます。アマゾン川流域などが原産のムクロジ科に属する植物で、種子にカフェイン、タンニンが豊富に含まれます。
精力剤のほか強壮剤の種類にはあやしげなものもいっぱい販売されているのですが、この場所では比較的評価のよい成分として次なるものを紹介しようと思っています。
その根っこ部分に含まれる成分はアルギニンのほかにもチロシンなど多種のアミノ酸が大量に含まれており、それ以外に亜鉛、セレン、鉄やカルシウムといったミネラルも多く含有されています。
この中でセレンおよび亜鉛は、精子の生産や活発に働かせる効果を持ちます。
この物質は血管拡張物質なので、男性器の血管を広げて血液を入れ、勃起状態にするのです。
アルギニンはまた精子を増加させる機能ももちつつ、糖化を抑止して老化を防ぐ作用があります。
この草木は南米アンデスの高地で初めて産出されアブラナ科に属している多年生植物で、かなり厳しい自然の環境の下で育ち、インカ帝国の時代から貴族の食糧として珍重されてきた歴史をもつということです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ