ルテインは緑黄色野菜に大量に含まれ青汁の原

ルテインは緑黄色野菜に大量に含まれ、青汁の原料のケール、ほうれん草などに大量に含まれています。最近の研究では、ルテインの興味深い結果があります。ルテインを摂取している人は黄斑変性症にかかる人がルテインを摂っていない人に比べ1/2しか確認されなかったそうです。こういった現状を見ると、「疲れ目」といった表現では足りない気がします。残念ですが、今現在での「子供たちの目の健康」は大きなテーマになっています。大人に限らず子供たちの眼精疲労などにも目を向けなければいけません。コンタクト装着には時間を守ることとふさわしいケアが重要です。
装用時間の理想は10時間で、コンタクトをつけていた時間分は休みたいところです。しっかり決められているようにケアを行うことがコンタクトをしていく上で安心となるカギとなります。長い時間、同じ姿勢でいると、眼球近くの筋肉と眼球中の筋肉が固まります。それにより、筋肉疲労を起こし、眼精疲労を起こすと推定されています。
眼球の周囲の筋肉と首内部の筋肉はすべてにつながっています。
眼鏡を利用している場合でも、度が間違ったままにすると眼精疲労になることがあります。
そうした原因には、眼鏡の店で眼鏡をつくると遠視の状態だったり、やらなくていい乱視矯正を入れることにあります。
過矯正は遠いところを眺めるときはなんとなく見えても、近くは見えずらくなります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ