まず第一にSPFはシミ並びにそばかすの原因となる紫外

まず第一にSPFはシミ並びにそばかすの原因となる紫外線B波によっての日焼けが開始する時間を、普通始まる時間から何時間伸ばせるかということを示しているのです。しかし現在、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状で保湿を考えたものやスプレーになっていてすぐに使える商品など様々な様式の日焼け止めがお店で売っています。それから+においても多いものを選んでいるという人もいると思われます。
人の肌の場合屋外に出たそのときから日焼けが開始するわけではありません。多少の個人差が見受けられるのですが、おおよそ15分~20分後から日焼けがスタートします。
ここで1つ気をつけなければならないのは、SPF15においては15分後、SPF30の場合は30分後ということではありません。
SPF15については日焼けを20分後に始める人の場合、始まる時間を15倍伸ばすことが可能になるという意味です。
しかし、これら二つがそれぞれ何を表しているのかを間違わずに言える人は、そんなに多くないのではないかと思われます。
数字はより大きいほど効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を使用しているという人もいるはずです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ