ぼっちラインタイプは大して面白い。

ちょっと前にWebの文字で、ライン種類を一人だけで作成してダイアリーや備忘録代わりに用いる若者の会話を読みました。
その時は「否いやそんな。毎日忙しくて書く事例ないだろう」としていたのですが、これがさほどうれしいのです。いよいよ自分ひとりだけなので、ポジショニング要領とかネットリテラシーとかそういうものを全般気にせず、好きな時に自分勝手愚痴れるし、映像も貼れるし、Webクリップだって行える。最近は実にちょっと口を滑らせただけで直ぐ炎上してしまうので、他のTwitterでは思い切り口数が減っていたのですが、たったひとりきりのライン種類なので、何を打ち込もうがフリー。
また、Webで何か調べていて、これはクリップしておきたいなについても、最近はほとんどの文字でラインへの共用リンクがある結果、撮影が容易であるについて。
常にまとまったら、同じくライン一部分のメモ用紙や、evernoteに手助けも取り除けるので、すごく便利だと思いました。メモリーに備忘録したスペックをメモ用紙に成し遂げる感じですね。
あとは、我が家や外での映像を様々撮って貼り付けているのですが、これも後から見返すと面白いだ。
近所に新しいコンビニエンスストアが出来そうとか、お家の傍でこうしたポケモン捕まえたとか、そんな身近な映像って実際のネットに上げたら恐ろしいなって思うのですが、その瞬間は確かに盛り上がってるしついつい映像も撮ってしまうんですよね。そうして、そのあとどこに公開したら良いかわからず、ストレージを圧迫するだけになって仕舞うという…。
今までは無くすにももったいない気がしてためらっていましたが、ラインにあげてしまえば、カメラロールのフレッシュは削除してしまえるし、また見返したくなったらラインを見れば良い。何ならDLもできますしね。
唯一のジレンマは、後から見返すときの参照のし辛さですが、逆を言えばそれ以外にジレンマはありません。今のところ毎日最初の言明に日付を入れていらっしゃる。のちのち日付で検索すればひっかかるので、いいかな、という。
最近は、鉄道の内や夜の寝る前の布団の中で、思ったことや気付いたことをぽちぽち残していらっしゃる。生ログってこの兆候なんですね、きっと。
最近、身の回りとカラオケに行きました。
俺はボカロやアニメの曲が好きで歌っていたのですが、身の回りが歌う曲はなんか昭和っぽく更に俺は聞き覚えのない曲ばっかりでした。
「聴いたことがない」と身の回りに言うと身の回りは「俺はあんたが歌う曲がわからん」と言いました。
「俺が歌ってるのはアニメやボカロの曲よ?」と言うと「ほとんど、ボカロがわからん」と言われてしまいましたw
互い知ってる曲はずいぶん一致しませんが、たまにハモりやラップを頼まれるので、その曲は何度も聴いて覚えておくようにしています。
ママとも思い切りカラオケに行くのですが、インデックスを見た人は「どんな混合の人達?」というような物語だw

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ