お手玉分析

現場でお手玉を見つけることになり、みんなが作っている機会我々は他のオペがあったのでそこ(巾着作り)を通していました。
数日間のオペです次元数値がそろったのでみんなは他のオペに取りかかりました。
私も巾着作りは着々と進ませ、目処がついたので次に何のオペをすれば良いか係員さんに尋ねたところ、「お手玉の数値が足りないのでお手玉作りをお願いします」とのことでした。
巾着といったセットにするので巾着の数値とお手玉の数値をそろえるために、足りないナンバーを形作り増やしました。
お手玉なんて今まで作ったこともなかったので、処方箋を教わりながら作っていきました。
日常洋裁ではとめるような処方箋に困りつつも、だんだんと慣れて赴き縫う歩行も速くなっていきました。
中に小豆を入れて口を閉じ手の平で引っくり返すといった、シャキシャキといった気持ち良い音色がして昔を思い出しました。
買ってくれたヒトが気に入ってくれたらやけに嬉しいです。
3歳になった幼児がいる。子育てに不安で心配でただただがむしゃらに髪振り乱していた乳児ご時世はとうに過ぎて、今は解説もできるし子育てもはなはだ慣れてきた。子どもの拡張はまず少なくボディーもいつしか大きくなっている。もう寒くなるので夏服を片付けていると、小さくて着られなくなった被服をみつけた。そのしょうもないインナーや被服を手に取るといった懐かしく乳児の間が蘇って現れる。これはいよいよ買った被服、これはやっと外側を歩いたときの被服。はじめ枚はじめ枚ダイアリーがあっていつでも当時の外見が目線に浮かんでくる。再び着られないけれど大事な私のお気に入り。一緒に成長してくれて有難う、それほど言ってまたウォークインクローゼットにしまった。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ