人間に説明する声音

通信教育の会見授業で、ちょっとしたことを学習生のフロントで発表することになりました。時間はほんの10パイなので、大した長さではありません。把握物は終わり、皆さんに配る記録も作りました。あとはコマーシャルだけです。
本当にコマーシャルとなると、意外なところが分かってないことに気づきました。どんなアクセントでコマーシャルすればいいのでしょうか。今まで誰かに何かを説明したことはあります。けれどもそれは、マンツーマンか所詮2,3者を相手にして、普段のアクセントで説明する手法でした。今回は、すこし改まった雰囲気で、記録を見ながらコマーシャルしなくてはいけません。今まで受けた授業で、師範たちはいかなるアクセントでしゃべっていたか思い出そうとしたのですが、あまり思い出せないです。授業というしゃべり方をするのって難しいですね。
それも含めて、素晴らしい積み増しになりそうです。
早朝はパンといったコーヒーで済ませてしまうことが多かったけど、近年、おにぎりを採り入れるようにしています。
寝る前に、すぐにおにぎりを作ることができるように、おにぎり1個分のめしをよそっておくと便利です。
朝からおにぎりを食べると、午前の様態が著しくいいように感じます。
パンを食べていたときは、眠たくてアプローチなかったけど、おにぎりを食べるようになってから、心構えが敢然と始める気がします。
おにぎりは構成の用具材をかえるという、うだうだ楽しめる界隈もいいですよね。
おかかといった昆布が、わたしの中で標準だ。
前の日に焼いた鮭を用具材にすることもあります。
いつか、パスタのツナ源泉を通じて、ツナおにぎりを作ってみたいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ