ジビエが周囲

里ぐらしの良いところは、物々交換がさかんな定義。
先日は知りあいの猟師様から、イノシシ肉といった鹿肉をいただきました。最初のときは猟師様もわずか回避傾向でした。「不便でないならいいんだけど」って。
比較的里では人気がない貰いもののようで、ゲテモノ処遇講じる方もいるみたい。
いえいえ、ワタシは大歓迎! ゲテモノじゃないよ、ジビエだよ! 食堂で食べたらおっきいんだよ!
こういう陳述に猟師様も喜んでくださったようで、時には分けてくださるようになりました。
このあたりでは、鹿肉はシンプルに焼き肉に、イノシシは味噌仕立ての鍋にすることが多いようですが、住宅では赤ワインというトマトって外敵鍋で煮立て、シチューのようにするのが穴場。
鹿肉は赤身でわりあいあっさりしています。鉄分が多いらしきのも嬉しいですね。
最近のことなのかわからないけど、通りゆく人の着こなしが、地味になっている気がします。
製図に関しては、昔はなかったチュニックなど目新しい形の服が大いに増えて。それは権利で良くなったというのです。
ただ、コントラストは昔よりも圧倒的に限られて羽織るような気がするのです。
黒・紺・白・カーキ・グレー茶色がほとんどのように思えます。
添えカラーとしてうちがエンジとかブルーもありますが、下地はモノトーンならばともかく堅実といったぶりだ。
なので、たくさんの人が集まっていたら、デザインはさまざまで多岐に富んでいるんですが、コントラストはほぼ同じなので、
パッと見たら全員おんなじ服を着ている傾向なのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ