ところが最近ミルクタイプのものの他にジェル状でしっとり

ところが最近、ミルクタイプのものの他にジェル状でしっとり感を意識した商品やスプレーで噴射するタイプですぐに使える商品など豊富な種類の日焼け止めが販売されています。
最初にSPFの表示はシミやそばかすの要因である紫外線B波を理由とした日焼けが始まる時間を、普通始まる時間からどれだけ伸ばせるかということを表しているのです。さらに+に関しても多いものを使っているという人もいることでしょう。
人の肌の場合外出した瞬間から日焼けが開始することはないです。多少の個人差があるのですが、だいたい15~20分後から日に焼け始めます。
このことから約300分後まで延期することが可能というわけです。
加えて、SPF30だと約10時間後までということです。
ですから、犬の散歩や買い物へ行くなど日常生活だけを考えた際にはSPF15でも十分だと言えるでしょう。
ここで1つ気をつけなければいけない部分は、SPF15においては15分後、SPF30は30分後とという意味ではないのです。SPF15に関しては例えば20分後に日焼けを始める人は、始まる時間を15倍延長することができるという意味です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ