その根っこ部分に含まれる成分はアルギニンに加え

その根っこ部分に含まれる成分はアルギニンに加えてチロシンなど色々な種類のアミノ酸がたくさん含まれていて、その他セレンや亜鉛、カルシウム、鉄などのミネラルも沢山含まれています。
この中で亜鉛およびセレンは、精子を作ったり活発に働かせる効果があります。
これは血管拡張物質ですから、男性器の血管を広げて血液を誘導して、勃起している状況にさせているのです。アルギニンはなおかつ精子の量を増加する機能ももちつつ、糖化を防いで老化を防ぐ作用ももっています。
このようなことから、多くの部分で中高年には便利な成分といってよいでしょう。
補足として、このアルギニンという物質をいっぱい含む植物がマカという名の植物なのです。このマカは南米アンデスの高地が原産のアブラナ科に属す多年生の植物であり、かなり厳しい大自然の環境において育ち、既にインカ帝国の時代に貴族の食べ物として貴重に扱われた歴史があったということです。
アミノ酸の一種で成長ホルモンが分泌されるのを促進する働きをもち、発育期の子どもにはとても大切な物質なのです。はたまた、「アルギニン」という名前の物質は体の中で一酸化窒素と呼ばれる気体を作るのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ