すなわち1日規則正しく24時間で暮らし

すなわち、1日規則正しく24時間で暮らしていること自体が、最早「脳で身体をコントロールしている」状態なのです。そして、この体内時計を25時間だったものから24時間へとシフトするために必要なのが「太陽の光」です。
けれど、それはあくまでも「知識を蓄積させる」状況なだけであり、前頭前野を活動的にさせて、物事をプラスに考えたり、意見を決定するのに有効ではありません。
そうなると、前頭前野はどうやれば鍛えることができるのでしょうか?「概日リズム」というワードを知っていますか?概日リズムとは、おおむね24時間周期が備わっている生体リズムのことを指します。この「だいたい」というのが容易ではなく、実際には、人間の身体は放っておくと25時間周期の生活のリズムになるようにできています。
人間の身体は、本来朝に目が覚めて夜に眠くなるようにつくられています。
文明の進化により可能となった、眩しく電気を付けっぱなしにして活動する「夜型生活」は本来の人間にそぐわないのです。
「心」を「脳」に入れ替えて想像してみてください。
この本が書かれた江戸時代にはまだよくは把握されていなかったことですが、身体を支配しているのは、はっきりいうと脳なのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ