コンタクトを遠いところを見れるようにピントを合わ

コンタクトを遠いところを見れるようにピントを合わせています。
近くを長時間じっと見つめると負担が目の筋肉にかかり、眼精疲労になる確率があります。調子がよくても、3~6ヵ月毎に面倒くさがらずに忘れず検診を受けましょう。
それが改善のカギです。
眼精疲労になると、たとえば目がすぐ乾いたり、夕暮れになると目がかすみ、近いところや遠いところに焦点を合わせにくくなったりします。
そのほか目の充血、目の奥の痛み、まぶたがあきにくくなるといった状態になります。
眼球以外にも重大な症状に発展する場合も少なくありません。
低い年齢層の中でも女性は眼鏡をかけたがらない状況にあります。
視力が弱くても、眼鏡を使用しません。
そういった生活を続けると目にストレスがかかり、眼精疲労と診断されることになります。眼鏡に頼りたくなくても、目の健康を考えれば眼鏡は手放せないのです。
このような状況を見ると、「疲れ目」などといった表現ではふさわしくない気がします。
とても残念なことに、現在、「子供たちの目の健康」は重要なテーマになっています。
大人だけでなく少年少女の眼精疲労などにもしっかりと目を向けることが大切です。
ルテインは緑黄色野菜に大量に含まれ、青汁の原料であるケール、ほうれん草などに多く含有されています。
近頃の研究では、ルテインについて関心深い成果があります。
ルテインを取り入れている人は黄斑変性症の症状が出る人がルテインを摂取していない人と比較して、1/2しかかかっていなかったそうです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ