ウルトラマンティガのショック。

ぼくはウルトラマンが大好きだ。昔から学園がないときは家で思い切りウルトラマンのフィルムをむさぼるように見ていました。
ぼくが小学5年生くらいになった一時、もっと周りの間近はエアガンでサバイバル試合とか、TV試合とかやってる子が多くて全然ウルトラマンごっこみたいな事をしてる子もいなくて物寂しい意欲を通じていました。否、ぼくが幼すぎたのでしょうか。
そういう季節に衝撃の一時が訪れます。
「ウルトラマンティガ」のアップだ。今まで滅多に赤と銀の二色で構成されていたウルトラマンの着色に、紫が入ったのです。紫といえばウルトラマン王様という特別なキャラだけに許されるものだと思っていましたから、ダメージでした。
一層、気力やつというステップやつの二種類のタイプ交換という離れ業まで繰り出したのです!
こういう本心をわかって得るお客といった、ぜひとも思う存分やりたいものですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ