いつ頃からだろう・・

目が覚めて、外を見ると、やけに喜ばしいウェザーでした。夏季の晴天に、雲一環弱い快晴、そういうウェザーでした。
そのウェザーを見てうんざりした心情になりました。
起きた瞬間から暑かった上に、こうしたウェザーだと、本日日帰り、どんだけ暑いんだろうと思ったからです。
も、こうした夏季の快晴の空を見てうんざりした気分になるのは、いつ頃からだろうか?とも思いました。
昔、夏季の快晴の太陽は嬉しかった気がします。快晴の太陽は、クラブに行ったり、川遊びをしたり、楽しいことがいっぱいあった気がします。
いつ頃から、こんな感じになちゃったんだろう、といった哀しい心中になりました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ