おや、幸せなと思ったタイミング

数日前から、夕刻寝ているところ、2回も3回も目が覚める、ということがありました。
最初が覚めると、何だか寝つかれず、ある程度起きている、という体感でした。
そういった夕刻をおくると、あしたが痛い、難しい。エネルギーや根気が欠けるし、眠いしと役割がはかどりませんでした。
どころが、近頃、久しぶりによく眠れました。昼前まで一回も瞳が覚めませんでした。
すると、あした、状態のよい事、良し事。昼前の目覚めから気持ちよかったし、その日一年中、役割もクライマックスでした。
夕刻ぐっすり寝つけるというのは、これ程幸せなことかと思いました。
寝具や枕にとらわれる人が多いのも、聞こえる気がします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ