これら外的要因と内的要因が合わさったときに熱中

これら外的要因と内的要因が合わさったときに、熱中症が起こる危険が高まります。このことから、気温が梅雨の期間は涼しげだったのに梅雨が終わる6月または7月に急激に気温が上がってしまうことで体がついていけず、熱中症で気分が悪くなる人が急に増えるのです。
悪化した際には吐き気に加え嘔吐、頭痛などの症状が出て、さらに悪化したときには意識障害及びけいれんなどが見られて、最悪の事例では死んでしまうこともあるほど恐い病気です。
一方、屋内にいるから問題ないということはありません。
屋内においても風呂場などの気温及び湿度の高い場所や日の光がよくあたり閉めきった部屋においても起こる恐れが考えられるため、注意しなければなりません。それならば、熱中症にならずに済むには何に気を配ればよいでしょうか。
一番効果があるのは、こまめに水分補給をすることだと言えます。
喉が渇いたと思わない場合でもこまめに水やお茶を摂るようにしましょう。
それに、体温を測定し平熱より一度以上高いケースでは熱中症である可能性が高いと言えます。軽度であれば一定期間安静にすれば治まりますが、40度以上の高熱が出ている、けいれんも起こしているときには即座に病院へ行ってください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ